美味しい水出しコーヒーを飲みませんか?

美味しい水出しコーヒーを飲みませんか?

水出しコーヒーは簡単に作れます!

水出しコーヒーは専門店でしか作れないのでは…と思っていませんか?
そんな事はありません!
ご自宅でも簡単に作る事ができます!

『水出しコーヒーとは?』
水でゆっくりと抽出するのでお湯で抽出よりもエグ味や苦味が抑えられてさっぱりとしていて、Coffee豆本来の味と香りを楽しめます!

暑い夏には後味さっぱりと飲める水出しコーヒーの方がオススメです!

では簡単にご自宅で水出しコーヒーを作る手順と必要なものをこれから書いていきます!

まずは水出しコーヒーの容器とコーヒー豆を用意します。

水出しコーヒーを作る容器を入手します。
自分は楽天でハリオの水出し珈琲ポットミニ(600ml)を購入しました。

容量は600mlと1000mlがあるので、毎日水出しコーヒーを飲む頻度で決めればいいと思います。
因みに水出しコーヒーの消費期限は2日程です。

HARIO(ハリオ)水出し珈琲ポットミニ 選べるカラー

価格:743円
(2019/7/3 11:34時点)

HARIO(ハリオ)水出し珈琲ポット1000ml 選べるカラー

価格:808円
(2019/7/3 11:36時点)

この容器を購入したら後はコーヒー豆を購入してください。

PERCHAではTABI Coffeeのコーヒー豆を購入しています。
デロンギのマシーンとTABI Coffeeの相性がとてもいいのでHOTでもオススメです。
お店でコーヒー豆をその場でミルしてくれるのでありがたいです!

水出しコーヒーに使うコーヒー豆の種類と量はどれぐらい必要か?

【水出しコーヒーに使うコーヒー豆と量について】
まずコーヒー豆の指定は特にありません(お好みのコーヒー豆で大丈夫です)が焙煎度合に注意が必要です。
浅煎り、中煎りでは味が薄くなるのでできれば深煎りがいいと思います。
飲んだら味が薄くて…となったらガッカリなので注意してください。

【コーヒー豆の挽き方】
これは出来れば荒くもなく、細かくもなくがいいと思います。
荒すぎると味が荒くなりますし、細かくし過ぎると濃くなり過ぎます。
細か過ぎると網目からコーヒー豆が出てくるのも注意です。

【コーヒー豆の量は?】
600mlのポットに対してコーヒー豆の量は約50gです。
これはTABI Coffeeでマスターに聞いた量なので、お好みで増やしたり減らしたりしてもいいと思います。

水出しコーヒーが完成するまでにかかる時間は?

ミルしたコーヒー豆をフィルターに入れてからゆっくりと水を入れます。
使用する水は軟水がいいです。
水を入れたら蓋をして冷蔵庫に入れます。

【冷蔵庫でコーヒーを抽出する時間は約8時間です】

この時間が早ければ味は薄くなりますし、遅ければ味は濃くなり苦味も増します。
あくまでもこの8時間は標準の時間です。

水出しコーヒーの好みの味は人それぞれなので、何回か作ってみてお好みの味を探してみてください。

冷蔵庫で8時間置けば美味しい水出しコーヒーの完成です。

冷蔵庫で8時間経ったらフィルターを抜いてください。
これで水出しコーヒーの完成です。

水出しコーヒーはさっぱりしているので砂糖やミルクは必要ありませんが、お好みで入れても大丈夫です。

そして水出しコーヒーの消費期限は約2日ほどです。
時間を置くと味が劣化しますので注意してください。

水出しコーヒーを作るのには少し時間がかかりますがネルドリップのアイスコーヒーよりも後口がさっぱりなので暑い夏にはオススメです。

美味しいコーヒーはいかがですか?

PERCHA 孝



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です