消毒、除菌、滅菌、殺菌て何が違うの?

消毒、除菌、滅菌、殺菌て何が違うの?

今さら聞けない消毒についての違いを解説!

世の中に溢れている消毒、除菌、滅菌、殺菌という言葉。
スーパーや薬局、ホームセンターで置いてある色々な商品にも、この言葉はよく使われています。

ふんわりとしたニュアンスは分かっているとしても、実際にその意味をしっかり分かっている人はどれだけいるのでしょう?

美容師も公衆衛生が必須科目なので一通りは勉強しています。
そして管理美容を取る時にもう一度詳しく勉強します。
これははるか昔の理美容での役割が色濃く残っているためです。
それはまた機会があればお話しします。

では消毒と言われる言葉の意味を解説していきます。

※ちなみに上の写真は何ら関係ありません(笑)

消毒とは?

ここでさす消毒とは病原微生物を殺す事、病原微生物の能力を減退させ無毒化する事です。
広い意味で言うと、人体に有害な物質を除去または無害化する事です。

※菌やウイルスを人体に害がない程度まで減らすことを指しているので完全に除去する訳ではありません。

よく使う消毒とはこういう意味合いがあります。

除菌とは?

対象物から菌を除いて減らす事です。
なので菌やウイルスをどれだけ減らしたかは明確にはされていません。

これに似た言葉が次の言葉です。

殺菌とは?

文字通り菌を殺す事です。
注意しないといけないのは、菌をどの程度殺したのかを保証されていないことです。

例えば、1%の菌を殺しても殺菌していると言えます。
極端にいうと、99%の菌を殺しても殺菌と言えるのです。

なので除菌と殺菌の定義は曖昧とされています。

滅菌とは?

有害・無害を問わず、対象物に存在しているすべての微生物およびウイルスを死滅させるか除去すること。

実際には菌が完全に0とする事は現実的には無理なので、滅菌後の微生物の存在レベルを100万分の1以下なら『滅菌した』と定めているそうです。

消毒のまとめ

まとめてみると案外勘違いして理解していた人は多いと思います。

殺菌と除菌の振り幅がありすぎなのにも驚いた人も多いはず。
少し菌を殺したり除いたりしても使える言葉なので注意が必要かと。

滅菌が一番最強で良い面しかないように見えますが、実は悪い面も多々あります。
・良い菌もすべて殺してしますので使い所を間違えると逆に悪い事になります。
・器具に使うとその物自体を痛ませることが多いので、多様できない場合があります。
・あと人や動物を滅菌すると大変な事になるのでご注意を…というよりしてはいけません。
と制約が多いのが滅菌なのです。

勉強になりましたか?

消毒液や除菌・殺菌系商品を買うときは、このことを少し気に留めてご購入ください。

1日も早く平穏な日々が訪れてほしいものです。

PERCHA 孝


よければお友達登録よろしくお願いします

※PERCHAでは一緒に働いてくれるスタイリスト、パートさんを募集しています。
お気軽にお問い合わせください。