独立する時に大切な事業計画

独立する時に大切な事業計画

今回は美容師向けのブログです。
独立にあたり必要な知識を自分が経験した事を元に、なるべく簡単に順序よく話していきます。

ではまず、独立やフリーランスになる時に大切なのが『事業計画』。
これは自分の事業が目指す、ゴールを示した計画の事です。この計画をしっかり立てておかないと、地図も無くゴール地点に向かうようなものです。それぐらい大事な計画なのです。

では事業計画とは一体どんなものか?

『事業計画とは大きく5つの項目からなります』

この事業計画とは、大きく分けて5つの項目からなるものです。
その5つの項目とは、

① 経営理念
② 事業コンセプト
③ 経営計画
④ 資金計画
⑤ 利益計画

この5つを柱にしっかりと計画を立てる事によって、後々の事業の行く末が大きく変わってきます。

ではその項目を一つ一つ簡単に説明していきます。

① 経営理念

目的や動機、趣旨を示したもの。その事業によって社会や消費者にどんなメリットがもたらされるか?

美容室の経営理念で例えると、『髪の美を創造し、それにより心をより豊にします』など、その事業の目的、動機を明確にしたものです。

② 事業コンセプト

誰に、どんなものを、どうやって売るかを明確にしたもの。これを洗い出すことによって他との差別化を測る。

これも美容室であれば、『お客様に、カット・カラー・パーマなどの美容技術を売ります』など

③経営計画

事業を『仕入、販売、人』で分けて大まかな流れをここで作る。
簡単に言い換えると、人・物・金の動きを明確にする。

④資金計画

開業資金、運転資金、生活資金の具体的数字を出す。運転資金と生活資金は収入が無くても3〜6ヶ月分は置いておくのが理想。

これはそのままです。開業にかかるお金と、運転資金(月の固定費や変動費)、自分やスタッフの給料(生活費)の3つをしっかりと洗い出しする事。
ここが良い加減だと、後々痛い目に合うと思います。

⑤利益計画

その事業によって得られる利益の予測。ここが資金調達に大きく関わってきます。

簡単いえば、この事業でどれだけの売上が上げれそうか?の予測です。
実はこの利益計画が非常に大切で、最初は見栄を張って売上を多めに見積もる人がいます。が、これは絶対やめた方がいいです。売り上げはちょっと少なめに見積もった方が、一年目が終わって見直してみた時、大体合ってます。

ここで自分の見栄は全く必要ありません。あるのはシビアな売上予測だけです。
そうしないと後で資金が過活して、経営が破綻することになりかねません。最新の注意を払って計画して下さい。

もう一度言います。自分の見栄は全く必要ありません!!

事業計画書をしっかりと立てれば色々有利になります』

これら5つを事業計画書にまとめ、しっかりと内容を何度も何度も見直し練っていく。第三者が見ても納得できる詳細な事業計画が出来れば信頼感を持ってもらえます。

そうすれば資金調達に有利に動きます。個人事業主なら日本政策金融公庫からお金を借りる時に重要なウエイトを占めます。

独立しなくてもフリーランスになるならこれくらいの計画をたてておかないとこれからの世の中はなかなか難しいかと…それはまるで、行き先もわからない船に乗っているようなもの。怖すぎです!

この事業計画書から全て始まるので、独立やフリーランスを考えている人はしっかりと練って良いものを作って下さい!

次回は事業計画(詳しい事はまた別に)を一旦置いておいて、事業アピールに必要なドメインとホームページについて、少し書いていきたいと思います。

PERCHA 孝


よければお友達登録よろしくお願いします

※PERCHAでは一緒に働いてくれるスタイリスト、パートさんを募集しています。
お気軽にお問い合わせください。