タグ: 独立

独立開業、フリーランスが最初に読む本はこちらがBEST!

独立開業、フリーランスが最初に読む本はこちらがBEST!

まずは財務が分かる入門書がお勧め! 独立、フリーランスになる前に、まずはある程度財務を理解 

開業する人、フリーランスが使うパソコンは何がいいですか?

開業する人、フリーランスが使うパソコンは何がいいですか?

開業やフリーランスになる時に購入するパソコンをWindowsとMac迷われると思います。  

開業し始めたばかりの個人事業主の経理はどうしていますか?

開業し始めたばかりの個人事業主の経理はどうしていますか?

独立、フリーランスになってまず壁にぶつかるのが経理の問題』


簿記をやっている人には関係の無い話ですが、大体の人は簿記に触れた事が無いので混乱するはず。簿記と言えば貸借対照表とか、損益計算書が出てくると思います。ここでキーッとなってる人(笑)めっちゃ頑張って下さい!

なぜ簿記で帳簿をしっかりとつけないといけないか?それは税金の面で少し有利になるからです。複式簿記で帳簿をつけて確定申告すると、青色申告が出来ます。この複式簿記がミソです。単式簿記では白色申告になります。
※複式簿記とは借方、貸方に分けて仕分けします。なので単式簿記よりも帳簿が複雑になります。

申告方法の青と白で何が変わるの?

所得控除の金額が違います。


白色は最大10万円まで。青色は最大65万円まで所得控除を受けられます。
※2020年より青色申告はe-taxでのみ、最大65万まで所得控除となっております。それ以外は最大55万までです。

例えばA会社が年間65万円の売上を上げます。ここで白色申告だと最大10万円の所得控除がうけれるので(ここでは基礎控除38万円、経費・保険控除などは抜きにして)

65−10=55

控除後の売上55万円に税金がかかってきます。

これが青色申告なら最大65万円の所得控除が受けれるので

65−65=0

売上が0円になります。

年間65万円しか売り上げがないって極端な話ですが…(笑)

青色申告の方が所得控除が大きいので頑張って青色申告しましょう。
※マイナス決済も3年持ち越せるので、開業から青色申告の方が有利です。

どうやって複式簿記にすれば良いの??


今の時代は便利な会計ソフトがあります!

オススメはクラウド型でパソコン、スマホからできるので便利です!しかもOSもwindows・Mac両対応で、データもサーバーに保存しているのでパソコンを買い替えても大丈夫!

王道の会計ソフト3つご紹介


弥生会計 オンライン

やよいの青色申告オンラインへのリンク


初心者にも使いやすいソフトでシンプルに出来ています。
スマート取引取込で銀行明細、クレジットカード、レシート、領収書のスキャンデータやスマホ撮影データから自動仕分けしてくれます。

スマホアプリからも取引入力出来ます。


お次は

マネーフォワード クラウド確定申告


(マネーフォワードクラウド確定申告へのリンク)

これも簡単に入力できて自動で複式簿記にしてくれます。

同じく銀行やクレジットカードを登録できて金融機関の取引を自動取得することも出来るので銀行引き落としの取引などが簡単に取り込めます!
確定申告の必要書類を自動作成できe-taxにも対応しています。

ただ少し他より簿記の知識が必要かも…



freee クラウド型会計ソフト

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」へのリンク

これも大体上のソフトと同じ機能なんですが、スマホのアプリから仕分け入力から確定申告書類作成まで出来るので、スマホで全て済ませたい人はいいかも。

あとは自分に合った会計ソフトを選べばOK!

会計ソフトなら面倒な減価償却も設定しておけば、年末に自動で計算してくれます。減価償却は個々に対応年数があるので、国税局のHPもしくは税理士に確認してください。

10万円以下は一括償却です。それ以上の金額は対応年数で償却していきますが…


多分知らない人が多いと思いますのでここで豆知識を。設備や備品の償却が終わるまで

償却資産税がかかります


のでご注意を。


これだけでは不安!と言う人の為に…
開業1年目だと税務署からの無料での『個別指導式による記帳指導』があると思いますので、それらを利用しながら青色申告を目指しましょう。

奈良では税理士がついて指導してくれたのでスムーズに帳簿づけ出来ました。そのほか分からない事は税務署か最寄りの税理士会館までご相談ください。

と簡単ですが個人事業主が困る経理、確定申告用の複式簿記にする為の会計ソフトのお話でした。

こちらもあわせて読みたいブログ!

PERCHA 孝

新規ヘアサロンのオープン前に、準備して購入した必要なものは?

新規ヘアサロンのオープン前に、準備して購入した必要なものは?

『サロン設計が決まれば、使用する設備や備品を購入しなければいけません』 まずは必ず必要なも 

独立開業の融資に関しての大切なお話。日本政策金融公庫編

独立開業の融資に関しての大切なお話。日本政策金融公庫編

『日本政策金融公庫で融資を受けるには?』 独立で一番大きな問題が『融資』 ここが上手くいか 

独立開業・フリーランスを考えている人が、事業計画書の後にする事は?

独立開業・フリーランスを考えている人が、事業計画書の後にする事は?

事業計画書とホームページをブラッシュアップしながら次にやる事は

事業計画書の『事業コンセプト』と『資金計画』によるサロンの場所探し。

お金を借りるのが先では?と思いがちですが残念ながら違います。そんなに都合良く理想の物件は見つかりません!

独立しようと思った瞬間から不動産屋巡りをして物件を探して下さい

何度も何度も色々な不動産屋に通っているうちに出てくると思います。

不動産屋選びもなるべく地元の地主さんを多数顧客に抱えている地元密着型の不動産屋が良いと思います。と言っても、直ぐに行ったら良い場所を紹介してもらえるはずも無く…こまめに顔を出す事によってその内出てくるかもしれません。

場所が無いとサロンをオープン出来ませんし、残念ながらお金も借りれません。

『事業コンセプト』で決めた自分のサロンに合った場所を探します。

これと並行して考えないといけない事は、サロンの『ターゲット、場所、家賃』をしっかりとイメージする事。

まずは自分のサロンの顧客をイメージします

どの年代層をターゲットにするのか、ファミリー層をターゲットにするのか?男女比は?ターゲット層は車を持ってる?持っていない?などなど。

そのターゲット層に合った場所を検討します

例えば、ファミリー向けのコンセプトで車での移動が必須地域なら『駐車場完備できる広さで、お子様も来られる前提でキッズスペース完備の広さがあるサロン、メインの住宅街から来やすい位置にあるのが望ましい』それらがキーワードとなります。

この場合は交通量の多い駅前の高い家賃を借りる必要性はないのですこし離れた郊外型があっているかと。

「資金計画」で決めた運転資金の範囲で探します

家賃が高くなればなるほど綿密な計画が必要なので、自分の出来る範囲内で借りることが重要だと思います。
オーバーな資金繰りをしてしまうと後でキャッシュが不足して首が回らないなんて事にもなりかねません。

出来る限り資金計画の範囲内でベストな場所を見つけて下さい。出来れば家賃は安ければ安いほど良いです。その分お金に余裕ができるので、後々のキャッシュフローに影響してきます。

直ぐには自分の理想やいい場所は見つからないと思いますので、根気よく不動産屋巡りをする事をオススメします。


そして運よく場所が見つかったらその場所をすこし抑えてもらい、サロンの設計と見積もりをして急いで融資の審査に行ってください。
事業計画書、自己資金、場所、サロン見積書がしっかりしていれば融資も早くおりると思います。

次回は融資のことについて。それと並行してサロンの具体的な事について決めていきます。詳しくは下ののリンクからどうぞ。

日本政策金融公庫の融資について

サロンを具現化していく。

PERCHA 孝

独立する時に大切な事業計画

独立する時に大切な事業計画

今回は美容師向けのブログです。独立にあたり必要な知識を自分が経験した事を元に、なるべく簡単 

美容師で独立を考えている人に。

美容師で独立を考えている人に。

去年は本当にバタバタしました。 独立するにあたっても準備が不十分でオープンしてから大変でし 

独立・フリーランス初心者が、簿記を勉強するならまずは優しいレベルから…

独立・フリーランス初心者が、簿記を勉強するならまずは優しいレベルから…

簿記を勉強するならオススメする本

定休日の月曜日朝からサロンで税理士さんとお勉強…

そうです税務関係をまずは自分でしようと思うので色々と教えて頂いてます。

専門的なことはお任せして出来るところは自分で

オープン前に税務署に色々と聞きに行っていた時に教えてもらったのですが、開業する人で希望した人のみ一年目だけ確定申告まで月一回無料で税理士を派遣してくれるんです!税務署で、記帳指導と言えば分かってもらえると思います。

税務署太っ腹です!

もちろん直ぐに申し込みました!

青色申告するので久々の複式簿記

アカン忘れてる…と言う事で帰りに思わず買ってしまいました( ̄▽ ̄;)

なるべく優しめで(笑)

ある程度、サロンのお金の流れや仕組みを自分で理解してから税理士さんに全てお任せしようかと思います。

簿記を始めたい人はこちらの本がオススメです!

さあ勉強!勉強!と、その前に…
独立・フリーランスになる前に、読んでおきたい本は下のブログから!

PERCHA 孝