hair & make

商店建築にPERCHAが掲載されました

商店建築にPERCHAが掲載されました

商店建築7のヘアサロン特集に掲載!

内装や店舗空間をデザインする日本の店舗デザイナーと空間デザイン、店舗デザイン事例を紹介する雑誌。

店舗デザインにおいては有名な雑誌でよく店舗デザインの参考にされます。

PERCHAのサロンイメージを膨らます参考に。

独立の際にPERCHAのイメージをどうするか?と言う段階で商店建築のバックナンバーを読み漁りました!

もともと建築デザインが好きで10代の頃はオシャレな家ばかり載った建築デザイン雑誌をよく買って眺めていました。

その経験と商店建築などのデザイン誌がイメージを膨らます材料となったのです。

PERCHAをデザインしてくれた店舗デザイナーの中川氏との出会い

本当にタイミングが良かったと言うしかありません。

タカラスペースデザインの中川氏はサロン立ち上げに協力頂いたタカラベルモントサロン事業部の西江氏に紹介されました。

その時に西江氏から「優秀な男ですから!」と言われたんですが、実際には中川氏のイメージは物腰柔らかでフワッとした感じだったのであんまりピンとこなかったんです(笑)

打ち合わせの際に中川氏にしっかりとサロンコンセプトだけを伝えて、サロンイメージは自分の好きな写真を2、3枚さらっと見せるだけにしました。

なぜかと言うと、この辺は住宅メーカーで働いていた経験もあって設計士に細かくごちゃごちゃ言うよりも粗方任せた方がいいデザインになるんです。

逆にごちゃごちゃ言いすぎると設計士の膨らますイメージを邪魔して萎縮したデザインになるからなんです。

それから数週間が過ぎてサロンイメージと設計が完成したと連絡が来たので再び打合せに向かいました。

提出されたコンセプト型サロンと商業型デザイン

西江氏のこの男は優秀ですから!と言う言葉がここで分かります。

打合せの際に中川氏からPERCHAのサロンデザインを2種類出されました。
設計図とイメージパース。

すぐに見て分かったその2種類のデザインの意味。
コンセプト型デザインと、商業型デザイン。

一つ目のデザインは自分の思っているPERCHAのコンセプトやイメージを具現化。
サロンとしてオシャレ感や遊びがあるコンセプト型デザイン。

二つ目は商売として作業効率がミニマムになるようにあらゆる無駄を省いた商業型デザイン。

この二つを見た時すぐに選んだのはもちろんコンセプト型デザイン。
自分の創造していたサロンデザインよりも大きく上をいくものでした。

もちろん商業型デザインの方が無駄が無く効率よく稼ぐ事が出来ると思います。
が、しかし西江氏にも打合せの段階から『誰のためのサロンなんですか?』と言われ続けていたのでそこは一切迷わなかったです。

半年程してからデザイン建築を紹介しているサイトや美容系雑誌に掲載

サロンが完成してから半年経たないうちに中川氏からネットや美容系雑誌に掲載されますが良いですか?との連絡が入ってきました。

そして美容ディーラーさんからは地方の美容を特集する雑誌のコンセプトサロンに出ませんか?と言うオファーも。

ここまでは美容系雑誌なのでヘアサロンみんなにチャンスはあると思うのですが、再び中川さんから連絡があったのは『商店建築』に掲載予定なんですが大丈夫ですか?と。

この商店建築はガチの建築系雑誌で美容系雑誌とはまた掲載される意味合いが全く違ってくるので聞いて驚きました。

まさか憧れの建築系雑誌に掲載されるなんて!しかもデザイン系で!
と言うことで即OKの返事をしました(笑)

PERCHAに関わって下さった皆様に感謝です。

6月末に株式会社 商店建築社から商店建築の雑誌を頂きました。

商店建築7は巻頭からはスモールホテルの特集が組まれており、その後にヘアサロン&ビューティーサロン特集となっていました。

早速中身を見たらなんと4ページにわたりPERCHAが載っていました!
まさか自分のサロンがこんなにもデカデカと掲載されるなんて考えてもいなかったので本当に驚きです。

これもPERCHAのサロンコンセプトを汲み取って設計してくれたタカラスペースデザインの中川氏の功績は大きいです!

そしてサロンロゴをしてくれたRICO DESIGN WORKS AYA氏やPERCHA立ち上げに関係して下さったタカラベルモントサロン事業部の西江氏や工事関係者のみな様に本当に感謝です。

ありがとうございました!

これからもみんなさんに負けじと素敵な仕事をしていきます!

商店建築は28日発売です!

PERCHA 孝