hair & make

サロンの場所が決まったら

サロンの場所が決まったら


サロンの場所が無事決まったなら直ぐに『融資』ではありません。公庫などに融資してもらうには、サロンレイアウト(図面)、サロン見積書などの書類が必要になってきます。

なので事業計画書の『事業コンセプト・経営計画』が決まった段階で

サロンの名前、サロンの具体的なイメージを明確にしていく事

ちなみに自分のサロンは『ゆったりと過ごせる大人なサロン』をコンセプトにしたので名前をPERCHA(止まり木)に決め、サロン設計はコンセプトとイメージ像をプロの設計士に何枚か見てもらいこれは譲れない条件だけを出して後は自由に設計プランを提案してもらいました。

その中から自分のイメージに一番合った図面に決めて後は細かい所を手直ししていく。

まず、お客様が滞在するエリアにおいてはお年寄りにも優しいバリアフリーにしてもらい、セット面は人目を気にせず落ち着けるように半個室にしてもらいました

【下の写真はイメージパース】

中央のテーブルは枝(止まり木)をイメージしてくれていて『その枝に人が集まる』という設定まで考えてくれました。

セット面は壁で区切られ、他との目線を区切る役目をしています。壁に囲まれているとちょっと圧迫感があるのでは?と思いますが、壁の中央がくり抜かれているのでそんなに閉塞感は無く入り口から奥まで光を通してくれる道になっているのでサロン内は明るく開放的な感じになっています。

とこんな感じでサロンを設計してもらいました。

流石はプロです!!

理想のサロンを追いかけたらお金にキリがないので資金計画に沿って幾らまでサロンにかけれるか設計士さんと相談しながら進めて下さい。

自分でレイアウトしている人もいますが、水回りや配管の関係上プロにお任せした方が良いと思います。

特にPERCHAはバリアフリーにしたかったのでプロに任せて正解でした!

あと個人で全てする場合は、設計や施工もコンペ形式のサイトもあるのでそちらで設計や値段の折り合いをつけるのも一つの方法かと。

これらが出来上がったら、施工してもらう工務店などで工事の見積書を出してもらましょう。

そしていよいよ『融資』の審査に入っていきます。

では次回は日本政策金融公庫での融資について。

金利も人によって変わるのでその事についてもすこしお話します。

PERCHA 孝